So-net無料ブログ作成
検索選択

見えない両腕 [ちょっと大人向けかな?シリーズ]

あの時は、ほんのちょっとの不注意だった。
ボクは19歳で、自動車の免許を取ったばかり。お父さんが頑張ったボクを褒めてくれて、小さな、でもとってもかっこいい車を買ってくれた。
ボクはうれしくて、友達を乗せてドライブに出かけた。
そして、ボクはほんのちょっとの不注意を犯した。
ボクの車はただの鉄の固まりのようになり、ボクは気を失って病院に運ばれたらしい。
ボクは両方の腕を失った。
それはとてもショックな事だったけれど、一緒に乗ってくれていた友達が奇跡的に少しケガをしただけで済んだと聞いて、とても嬉しい気持ちでいた。
友達とは、高校の水泳部で知り合い、大学生になっても仲良くしていた。その友達がボクの所へ見舞いに来てくれた。
友達はボクの顔を見てやさしく微笑んでくれた。
ボクは、「お前が無事で、本当によかった。もし、お前が死んでいたりしたら、俺は生きていられなかった。」と言った。
それを聞いた友達は、ボクにびっくりするような宿題を告げた。

友達の宿題を果たすのに8年かかった。  今日がその日だ。
ボクは、友達との約束を果たすために、今、ロンドンにいる。
両腕を失ったボクは、死ぬような努力をしてロンドンパラリンピックの競泳プールに立っていた。
「もう、どんな不注意も犯さない。」ボクはこれから自分がしなければならないことを全て確実に行うことだけに集中していた。
平泳ぎのレースが始まり、ボクは、目には見えない両腕で必死に水をかいて進んだ。
ボクは5番でゴールした。
メダルは取れなかったが、友達との約束の通り、このパラリンピックの舞台で、ケガをする前の自分の記録を破ったのだった。
ケガをして全てがダメになったわけじゃなかった。
家族も、友達も涙を流して喜んでくれた。ボクも涙が流れた。
友達が、「4年後はメダルだ ! 」と泣きながら叫んだ。
ボクは「俺、これからも頑張るから、どんどん宿題を出してくれ。」と言った。
ボクたちは生きていることの幸せの中にいた。
じゃ、おやすみ。


2012-09-03 09:10  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]